私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

ノートPCの選び方!!【新生活に備えて】

スポンサードリンク

ノートパソコンを買おうと思っている方へ

何を選べばいいかわからない・・・
どんなのを買えばいいかわからない・・・

そんな方に!!

ノートパソコンを買う時の「選ぶポイント」を紹介していきます!!

まずは、ノートパソコンはすごく大きく分けると2種類あります。

「据え置きで置くパソコン」「外出用で使うパソコン」です。

据え置きで置くパソコンの場合

家や職場等、据え置きで使う予定の方は、大きさ・重さは関係ありません。
なので、ディスプレイのサイズは15.6型以上の大画面だと画面も大きく、文字や画像も見やすくなります。

「外出用で使うパソコン」です。

持ち運びをする場合はディスプレイのサイズが14型以下のものがいいでしょう。
また、重さも常に持ち歩くのであれば1.5kg以下のパソコンがいいです。



用途に合わせて選ぶ

使う場所等が決まったら、使い方を想定しましょう。
主な用途がネットサーフィンや簡単な書類作成等と
動画編集やオンラインゲームを楽しむのでは、選ぶポイントも変わってきます。


・選ぶポイント

「CPU」
CPUとは情報処理を行う部分です。
CPUの性能が高いほど写真や動画編集にかかる時間も短くなります。
CPUの性能が高くなるほど、パソコンの価格もかなり上がりますので、しっかり選びましょう。

「メモリ」
メモリは、作業中のファイルデータを一時的に置いておく部分です。
多ければ多いほどたくさんのソフトなどを起動できて、作業効率も上がります。

「HDD・SSD」
HDD,SSDはデータを保存する部分です。
容量が大きいほど、たくさんの音楽や画像、動画等を保存することが出来ます。

HDD・SSD、例
500GB・・・価格も手ごろで、普通にパソコンを使う人ならこれでも余るほどです。
750GB~・・・動画など、大容量のファイルをたくさん保存する場合はできるだけメモリの多いモデルにしましょう。

「OS」
主なOSは
Windows8.1
windows8.1Pro
windows8
windows8Pro
windows7HonePremium
windows7Professional
です。

windows7はは2009年にリリースされたOSで、安定性の高さから根強い人気を誇っています。
後継として2012年に登場したOSがWindoes8です。
タッチでの操作がしやすい画面デザインが採用されています。
それをマイナーバージョンアップしたものがWindoes8.1です。
特にこだわりが無ければ最新のWindows8.1を選ぶとよいでしょう。


「グラフィックボード(グラフィックカード、ビデオカード等呼び方は様々)」

グラフィックボードに性能差が出る部分は「3D処理能力」です。
3DCG政策や3DCADでは高性能なグラフィックボードが必要になります。
加えて、オンラインゲーム等をする場合は必須とも言えるでしょう・・・
プレイしていて画面がカクカクする場合
大半がグラフィックボードがオンボード(普通にお店で買ったPCに入っている初期のボードのようなもの)
又、高性能な処理が必要ない人にも搭載する価値はあります。

デュアルモニターにも搭載する目的の1つです。
動画再生ソフトなども今後ますますグラフィックボードが必要になってきます。

今紹介したものを一通りしっかり見て買えばきっといいパソコンが買えるはずです。

しっかり選んで良いパソコンライフにしましょう!!

(パソコンを買う場合はお店で薦められたものよりは、ネット等で探した方がいいですよ!!)


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です