私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

【機会が無ければ】 同窓会を開く手順! 【幹事をすればいい!!】

スポンサードリンク

中学校や高校・・・学校を卒業して何年経ちましたか?

みんなと久しぶりに会いたいという人もたくさんいます。

そこで「同窓会」。
もちろん、やってないところもたくさんあります。
幹事がいなかったり、人が集まらなかったり・・・理由は様々ですが

そこで!! 貴方が幹事をして同窓会を開いてみてはどうでしょうか?

今回は、出来るだけ多くの人を集める、同窓会の手順を紹介していきます!!

「一緒に動いてくれる人を探す」

やはり、同窓会を開くと言っても、一人ではほぼ不可能です。

そこで一緒に動いてくれる同級生にコンタクトをとってみましょう。
男女合わせて4~5人集まると結構な人数集めることが出来ます。

各幹事とクラスの名簿を整理します。
20~30年経っていると、半分近くは不明になっていますが
友人同士なら知っている可能性も高いです。

そして名簿を作るのですが、その折幹事になってくれる人が増えると楽になります!

人数が集まったら次は
「同窓会の予備案内」を出します。
春くらいに開催します 等、とりあえずは同窓会をやる事だけ案内すればOKです。

その時、不明者の名簿を同封しましょう。
返事にはハガキを入れておきます。

そのハガキを持ち寄り、幹事で日程を決め、場所を決めます。

参加率を考えると、学校のある地元で開催するのが理想です!

そして、地元で開催する場合は多くの同窓生が帰省する時を選びましょう!!
(正月やお盆等・・・)
これだけで参加率は大分上がります!!

出来れば席の移動が可能で騒がしくしても大丈夫なお店を選びましょう。

会場となるお店には案内状の返信の集計が取れるまでは正確な人数が出せないことも伝えておきましょう!!

「会費の計算」

会場を決めたら、会費を設定します。

飲食代だけで会費を設定しないようにしましょう。

案内状の製作費や会場費、席に置く名札や恩師への贈り物・・・同窓会の内容によって様々な経費が掛かります!!

また、当日キャンセルも可能性はありますので、それに対応できるように
会費は若干高く設定しましょう。

余ったお金は2次会等に回すのもいいと思います!!

また、開催前にかかる経費は幹事が立て替えておかないといけないので
事前にお金を準備しておきましょう!!

恩師、先生からは回避を受け取らないのが一般的です。

「進行の打ち合わせ」

幹事、恩師からの挨拶は必ず入れるようにしましょう。

企画はゲーム等よりも、当時の写真のスライドショー等の方が盛り上がります。

また、旧友との再会を楽しめるように、自由時間はたっぷりとっておきましょう!!

プログラムや演出等が決まったらそれに必要な機器などを役割分担をして準備しましょう!!


そして、この同窓会で次回の幹事を決めておけば
次回からはもっとスムーズに準備が出来ると思います!!



幹事のみなさん、素敵な同窓会を楽しんでください!!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です