日常の気になるをスッキリ解決!!皆様の知りたいがここにあります!!

寝るときの姿勢!! 快眠で気持ちいい朝を迎えよう!!

スポンサードリンク

l_01
寝るときの姿勢を意識したことはありますか?

「良質な睡眠」をとる事によって「美・健康」に繋がります!!

快眠するために「骨格のバランスを整える姿勢」
ゆがみを無くしましょう!
これによって、起きているときの「美しい姿勢」に繋がります!!

「寝ている間に姿勢の歪みを無くす!!」

バランスの取れた姿勢を保つ為には筋肉を使い体を立ち上げる事が大事です。
良い姿勢をしていても、長時間同じ姿勢だと体に負担がかかってしまいます。

そんな日常の姿勢の歪みや疲労を無くしてくれるのが「睡眠」です。
身体を横にすることが、唯一背骨や骨盤などの身体を支えている大きな部位を
重力から自由にして筋肉の膨張を解放してくれる時間になるのです!!

しかし、快眠を得られる人は意外と少ないのです・・・

普段あまり寝ないので休日に寝だめするって人もいるみたいですが
これは快眠の妨げの原因になっています。
そして「寝だめ」は実はあまり効果はありません・・・
必要以上の睡眠を摂ってもそれ以上体は休まらない上、一定時間が経つと
寝だめしてもしてなくても睡魔は襲ってきます!!

疲れが全然取れない人もたくさんいます。

快眠を得るためにまず、寝る姿勢を意識することです

「快眠を取るための寝姿勢」

寝ている間ずっと同じ姿勢でいると血行不良を起こします。
人はそれを避けるために寝返りを30~50回ほど行います。

まず、頭 背中 お尻 かかとが床についている姿勢を取りましょう。
そして、両足の開く角度は45度が理想です。

これによって、寝ながら良い姿勢を癖づけることが出来ます!!

両足の開く角度に差があったり、狭すぎる 広すぎる場合も
骨盤がゆがんでいる証拠です。

歪みが酷くなると快眠の妨げになります。
寝る前にちょっとだけストレッチをするのも効果がありますよ!!

仰向けがやはり一番良い姿勢です。

「うつ伏せで寝る場合」

うつ伏せは越を反らせながら寝る事になるので
腰に負担をかけることになります・・・
出来るだけ、うつ伏せは控えた方がいいです。

「横向きの場合」

横向きは足の角度によって腰の角度が自由に変えれます。

つまり、自分にとって一番腰に負担のない状態で寝ることが出来ます。
ひざとひざの間に座布団などを挟むことによって骨盤の歪みを防止できます!!

腰痛の人も寝るときの姿勢に気を付ければ良くなるかもしれませんね!!

一日を気持ちよく過ごすためにも、快眠をしっかりとって下さい!!


スポンサードリンク