私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

体調不良の原因かも?身の回りの「色」

スポンサードリンク

夜中々眠れなかったり、気持ちが落ち込んできたりする・・・
そういった体調不良はもしかしたら身の回りのせいかもしれません!

あなたの健康を保つためのお部屋の色についてを紹介していきます!!

今回は色が及ぼす体への影響についてお教えします!
色ぐらいでそんなに変わらないのでは?と考えている方も少なくないとは思います。
しかし、色の力はあなたが思っているよりも強いものなのです!

色は見る人の不安を少なくしたり、淋しさを和らげることができます。
見る人を目覚めさせたり、血行を良くしたり、ホルモンの分泌をさかんにする効果もあるのです!
色の持つ力を知っていると、日常で気分転換などに利用できるはずです!!

それぞれどんな色がどのような効果を持つのかまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

○シルバー:シルバーはリラックスさせてくれる色です。
静かで落ち着いた環境を求めるとき、一人になりたい、疲れている、休みたいなど
そんな気分のときにシルバーは効果を発揮してくれるようです。

○ホワイト:ホワイトは気持ちを浄化してくれる色です。
他人への怒り、ねたみ、不満などの負の感情を少なくしてくれる効果があります。
見ているうちにイヤなことが気にならなくなってくる効果もあるようです。

○ブラック:ブラックは自信を与え、落ち着かせてくれる色です。
イヤな人やイヤな刺激から身を守ってくれるシェルターとして機能します。
黒にはつつみ隠す作用があり、人は無意識なうちにネガティブな自分を黒で隠したがるようです。

○ブルー:ブルーは精神的なストレスによる不安や頭痛を和らげてくれる色です。
考え事がたくさんあって、どうすればいいのか分からないときに、冷静な判断を助けてくれるでしょう。

○レッド:人は怒りがたまってくるとレッドを求めます。レッドを見ると、怒りが発散されやすくなるのです。
レッドは、見ていると血圧を上昇させ体を活動しやすく、やる気も出させてくれる色です。

○グリーン:緑は、血圧をその人にとってベストなレベルに安定させ、血行を良くする効果があります。
すべてのバランスをとるように働きかけてくれる色なので、見ているとイライラが静まり、
明るい気持ちになってくるでしょう。

このように、それぞれの色にはさまざまな効果があります。
場合によっては逆効果になってしまうこともあるので、注意が必要です!
心身ともに健康に過ごすために、身の回りの物の色に気をつかってみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です