私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

ゲームのやり過ぎが悪影響って言うのは嘘!??

スポンサードリンク

テレビゲームが子どもに悪影響を与えるという話をよく耳にしますが

本当に悪影響があるのでしょうか!

ゲームをするということがどのような影響を及ぼすのか!
もしかしたら悪い影響だけではないのかもしれませんね。
今回はゲームが及ぼすいい影響についてご紹介します!

○ゲームをすれば能力が身に着く!

ゲームをすることで身に着くかもしれない能力は以下のとおりです。

・空間記憶力を高める効果
・集中力が高まりミスが減る効果
・読解力が改善される効果
・努力が得意になる効果
・社会性を養う効果

幼い頃からゲームをしているともしかしたらこれらの能力が身についてるかもしれませんね!

○ゲーマーは以下のような職種とシーンで効果を発揮する!

ゲームをしていると、あらゆる職種や場面で優れた効果を発揮するかもしれません。

・医者
集中力が高まり、ミスの防止が可能になる。
手と目の連携力が高まり、外科医レベル以上の能力が得られる。

・学者
試行錯誤する能力が得られることで、研究のスピードが向上する。
以前にゲーマーがエイズの研究を一般的な科学者の300倍のスピードで完成させた例がある。

・ギャンブラー
ギャンブルを客観的に行うことができる。
依存症の人間がギャンブルに対して抑えきれない欲求をゲーマーなら防ぐこともある。

・学生
脳自体の進化。記憶力が20%ほど向上する。
実際にあった研究で、テトリスを3ヶ月間毎日30分すると脳の皮質が厚くなった例がある。

他にも、アドレナリンの生成の手伝いをしてくれるなど、スポーツ面でも効果があります!

○もちろんやりすぎには注意!

ゲームがいい影響を与えるといっても、節度を持ってプレイすればこその話です。
普通にプレイしている分には悪影響はないかもしれませんが、ゲームを長時間やり続ければ、
強い光を浴びて目が疲れ、生活リズムが乱れる原因にもなりかねません。
ゲームは週に21時間までが脳にいい影響を与えるそうです!
つまり最長でも一日3時間までに留めておきましょう。

いくつかゲームが及ぼすいい影響について紹介しましたが、勿論個人差があります。
能力の向上を目的にゲームをプレイするのではなく、純粋に楽しくゲームをプレイしましょうね!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です