私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

注意!ビールを飲むときに気をつけること

スポンサードリンク

お酒にも色々な種類がありますが、その中でもビールは多くの人に親しまれています。

しかし、お酒には色々と注意点があり、ビールにも気をつけねばならないことがあるのです!
今回はビールを飲む際に心がけておくべきことをいくつか紹介します。

○夏バテに気をつけよう!

ビールは暑いときに飲むとよりいっそう美味しく感じるという方も多くいらっしゃると思います。
しかし、ビールだけではありませんが、夏場に冷たいものを摂りすぎると、胃腸の機能が落ちてしまいます。
さらに、夏は冷房などの効果で更に冷え、疲れがたまり、夏バテに繋がってしまうのです。
暑いときこそ冷たいものを飲みたい気持ちは分かりますが、控えめにしましょう!

○痛風に気をつけよう!

ビールが好きな方にとっては、痛風はとっても気になることかと思います。
ただし、これをすればビールを飲んでも大丈夫というような解決策は存在しません。
しかし、足指を冷やさないようにするなどの、予防策は存在します。
寝る前に靴下を履いて寝るなど、痛風にならないために今のうちから対処していきましょう!

○睡眠の妨げにならないように気をつけよう!

ビールを飲むと、寝ている最中におしっこにいきたくなるという方もいらっしゃると思います。
これには理由があるのです!
普通、寝ているときはおしっこが作られないようにするためのホルモンが分泌されているのですが、
アルコールの過剰摂取がそれを阻害してしまいます。
そのため、何度もトイレに行って睡眠不足・・・という事態が引き起こされてしまいます。
寝る前の過度の飲酒は控えましょう!

○量に気をつけよう!

よくお酒の飲みすぎに注意という言葉を見かけます。
しかし、お酒の適量というのはどれぐらいなのでしょうか?
実は、医学的に適量は決まっているのです。
ビールなら、中瓶1~2本というのが適量のようです。
今度からビールを飲むときは、これぐらいの量に抑えておきましょう!

○ノンアルコールに気をつけよう!

最近は、ノンアルコール飲料にも、色々種類が増えてきましたね。
お酒を控えようという方の中に、ノンアルコール飲料を楽しむ方もいるのではないかと思います。
しかし、油断は禁物です!
アルコールが1%未満のものであれば、ノンアルコール飲料として取り扱われますので、
物によっては大量に飲むと、酔っ払ってしまう可能性があるのです。

以上のことに気をつけながら飲酒を楽しめば、健康を阻害される危険性は下がるはずです。
体を壊さないように、気をつけながらお酒を飲みましょう!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です