私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

ストレスではないかも?胃痛の様々な原因!

スポンサードリンク

皆さんは胃痛を経験したことがありますか?
胃の痛くなるような、というような言い回しがあるとおり、人はストレスを感じると胃が痛むことがあります。
こういったことから、胃が痛くなるとストレスを連想する方も多いんじゃないでしょうか。


しかし、胃痛の原因はストレスだけでなく、様々な原因が考えられるのです。
今回はどういったことで胃痛がおきるのか、いくつかの例を紹介していきます!

  • 空腹時
胃が痛いというと、ストレスだったり体調が良くなかったりすることを考えてしまいがちですが、
実はただお腹がすいているだけでも胃痛の原因になりえるのです。
お腹が空いていると、胃酸が過剰に分泌され、その結果胃痛に繋がってしまいます。
何かを食べることによって治まることもありますが、刺激の強い食べ物や、香辛料の強い食べ物などは控えたほうがいいでしょう。
  • 食後
先程は空腹時の場合を紹介しましたが、皆さんは食後の胃痛のほうが経験したことがあるのではないでしょうか。
食後の胃痛は、胃の働き自体がよくないために起こることが多いです。
胃潰瘍ではないのに食後はいつも胃が痛くなってしまう・・・という方はこれが原因になります。
改善するためには、刺激の強い食事を抑え、規則正しい生活を送ることが重要です!
  • 老化
加齢によって、胃が老化してしまうことも原因の一つです。
胃が老化すると、胃酸の分泌量が減少し、食べ物を上手く消化できなくなってしまうのです。
そうすると、長い時間胃の中に食べ物が入っている状況になり、細菌繁殖がおこったり、消化吸収の効率が悪くなったりします。
こういったことが胃潰瘍や胃炎の原因なのです。
胃の老化予防対策の基本は、食事の際の咀嚼です。
歯を使ってよく噛んで食事することで、胃の老化を防ぐ効果があると言われています。

いくつか原因を紹介しましたが、もしもこういったことで胃痛に悩まされてしまったときいったいどうすればいいのか?
勿論本当ならば病院へ行ったり、薬を飲んだりするのが一番なのですが、
忙しくてそんな暇が無かったり、断れない食事の誘いがあったりするかもしれません。
次は、日常避けることのできない「食事」での胃痛に対しての注意点を紹介します!

食べすぎ飲みすぎはいけない、というのは基本ですが、それ以前に胃痛時にはあまり食べるべきではない食べ物をいくつかお教えします。

イカやタコ
貝類
キノコやたけのこ
ごぼう
こんにゃく
ワサビ
唐辛子
紅茶や煎茶
コーヒー
アルコール

これらのものは、消化が悪かったり、刺激が強かったりするため、胃痛時に食べるのはオススメしません。

いかがでしょうか?
原因として心当たりがありましたか?
知らず知らずのうちに、自分の胃を痛めてしまっているかもしれません。
これからは胃痛対策をしっかりして、健康的に毎日を過ごしましょう!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です