私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

パチンコを辞めたいと思った日々 【体験談・やめるきっかけ】

スポンサードリンク

パチンコ・ギャンブル記事

maxresdefault

友達に誘われて若い頃初めてパチンコをやりました。

正直その頃はパチンコなんて「稼げるものじゃない!」と思っていましたが、ビギナーズラックと言うのか、たまたまボロ勝ちしました。

月給を超える金額を稼ぎ出して大はしゃぎです。

そこから自分の人生はパチンコ街道まっしぐらです。

お金に困った時はボロ勝ちした旨味が忘れられず、パチンコに通いました…

 

何度かパチ屋に通う内に、ただ単に金を儲けるためだけじゃなく

 

パチンコのゲームとしての面白みにも気付いて、ストレス発散したい時にも打ちに行くようになりました。

その内スロットにも手を出して、目押しができる人と知り合いになり

 

意気投合したのも辞められなくなった理由です。

 

人間関係ができると、誘われる事もあるので抜け出せないものです。

そうした期間に自分は結婚して妻子を持ちました。

 

一般的な常識から、妻は自分に「パチンコを辞めてほしい」と言いますが

 

ボロ負けした事もないのに何を言うのかと腹が立ちました。

 

(悲しくなるほどダメ人間ですね…)

そんな時、運が尽きたのか会社が倒産して自分は失業しました。

 

次の仕事も見つからず、パチンコなんか打ってる場合じゃないと分かっているのに

 

習慣になっている遊びを辞められない。

 

なけなしの家計に手を出す日が続きました。

 

正直、ビギナーズラックで大当たりした日以来

 

二十万を超える利益を出した事なんて一度もありません。

 

分かっているから、頭では「辞めたい」と思っているのに、お店に通う足が止まりませんでした。

 

最近の台は自分が若い頃楽しんだアニメを取り入れたものも多くて

 

懐かしさや楽しさが余計自分を惹き付けていたんだと思います。

 

その内に家計がもたなくなって、パチ屋から帰ると妻子が消えていました。

 

妻は子供を連れて実家に帰ってしまったのです。

 

「パチンコを辞めないなら離婚する」妻にそう申し渡されて、やっと覚悟を決めました。

 

自分だって内心はギャンブルなんて辞めたいのです。

 

その日から、自分は妻に所持金を全額渡し、職探しに使う最低限のお金だけを持って行動するようになりました。

 

妻と「もう二度とパチは打たない」と約束した日から、一度も行ってません。

 

もちろん、余裕があれば趣味の範囲内で行くのは良いと思います。

貴方はどうですか?

ふと「暇だな~」と思った時にパチンコ屋に足を運んでいませんか?

そうなってしまったらもう依存症です。

辞めるために私がした事は…

 

友達に言われたのですが

お金がかかってもかからなくてもいいから、自分がやってて楽しくて尚且つ人に胸を張って言える趣味を作ればいい!
と言われました。

最初に興味を持ったのが楽器でした。

ギター弾けたらかっこいいな…なんて軽い気持ちで始めたのですが

すっかりハマっちゃって今でもずっと続けてます。

ギャンブル離れするには趣味を見つけるのが一番良いと思います。

楽器でもよし、スキーやスノーボード、料理や裁縫…

探せばいくらでもあるし、やってみて初めて分かる面白さっていうのもあると思います。

ギャンブルを辞められない貴方も何か1つ、趣味を持ってみては?


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です