私、ぴーちゃんが「気になるトレンド情報」などを分かりやすくお伝えしています!!

花見での必需品 【マナーはしっかり守ろう!!】

スポンサードリンク

春・花見記事

30f1d46dee9add47cc8b2c00f4e71eca

四季を感じられるイベントの1つとして、春先に桜を眺めに会場に足を運ぶ方は沢山いらっしゃいます。


マナーを守ることもレジャーを楽しむためには必要最低限の礼儀になっています。


・・・が、近年マナーを守らない人が増えてきているそうです…


満開の桜の下でお弁当を広げて家族で楽しんだり


ライトアップされた夜桜を目で見ながらお酒で雰囲気を楽しむなど


1人1人で楽しみ方も様々です。


企業などでは、幹事役の方がお花見スポットを抑えるために


前日から場所取りに会場となる場所で待機することも多々あります。


さらにお花見では必需品となるアイテムなども数多くあり


「自分はこれを持っていく」などの確認を行い


当日足りない物がないように準備しておくこともポイントです。



とりあえず、これだけは持って行った方がいい!!というものをご紹介します!!




「ビニールシート」



地面に座って桜を見上げるときにこそ、花見の醍醐味を感じられます。


12帖のブルーシートが1000円くらいですので、手軽な価格で購入出来ます。


忘れず手に入れて、敷きましょう。場所取りにも使えます。




「段ボール」



ブルーシートの下に敷きましょう。


段ボールを敷いた方が暖かい&圧倒的に座りやすいです!!




「カメラ」



当日のイベントで必需品となるのが、カメラです。


桜の花や集まった方々の楽しんでいる顔を撮影できるカメラがあると、後々の記念にもなります。




「ウェットティッシュ」



外にいると何かと手が汚れます。


花見の時は直接手で食べるものも多いので、ウェットティッシュは必須です!!


実際地面に手をついたあとサンドイッチを食べる…なんて事になったら嫌ですもんねww




「ゴミ袋」



花見の場所にゴミを残して帰るのは、とても迷惑な行為です。ええ、とても。


ゴミ袋を用意して、必ず持ち帰るようにしましょう。分別を忘れずに!!




「雨具」



当日天候が悪化した場合とても役に立ちます!!


持ってきてない人が困ってるのを何度も見たことがあるくらいですので!!



前日から場所取りをする場合に必需品となるのが、寝袋です。


まだまだ寒い時期でもあり、寝袋で夜を明かすのもポイントです。



さらに場所取りにおいては、公園や河川敷などで場所取りを行いますが


土地の所有者をはじめ、近隣の住民に迷惑を掛けないように騒ぐことはマナー違反になります。


さらにお花見スポットによっては、ブルーシートを広げての場所取りを


禁止している場合もあり、事前確認が必要になる場合もあります



もちろん撮影を行うにあたり、桜と一緒の写真が撮りたい目的で桜の枝や花を折ったりする行為は禁止されているため


子供も大人も気をつけたいポイントです。



キレイに咲きほこる桜が霞まないように、お花見の際のマナーとして

自分たちで出したゴミは自分たちで持ち帰るのは大事なマナーとなり、

楽しみながらも周りや自然に配慮することを心がけましょう!!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です