日常の気になるをスッキリ解決!!皆様の知りたいがここにあります!!

うつ病について考えてみる…【うつ病は甘えじゃない】

スポンサードリンク

病気・うつ病記事

377846740_366df11d61_o

現代のストレス社会において、うつ病は、現代病の一つです。


心の病気で10人に1人は、経験していると言われています…


また、男女、年齢を問わず大人から子供までなる病気です。



うつ病とは強いストレスが引き金によって起こります。

例えば…



仕事や受験、就職活動などの失敗


離婚、死別などの最愛の人との別れ


親や子供など失うこと


いじめにあって溜まるストレス


出産などで子育てをし、社会と離れてしまったという喪失感


仕事の疲労、残業や仕事のミスによるストレス



など様々な原因でなってしまいます。



人間ですから、日によって、気持ちが折れたりする日もありますが


次の日には、元気に明るくなってる人もいます。


うつの場合は、気持ちが折れた日のような感じがずっと続くのです。


気持ちの問題だけでなく、眠れなくなったり、食欲不振になったりと、様々なトラブルが発生してしまいます。


会社に行きたくない、辞めたいと思うことは働いている上で何度も経験すると思いますが


辞めたい、会社に行きたくないとずっと思う、また、会社に行こうとすると気持ち悪くなったり


電車に乗れなくなるようなことになったら、仕事が残ってても無理して会社に行かず


一度、心療内科に受診することをオススメします。



昔の考えの人は、そんなのやる気がないだけだから気合いで何とかなると言う人もいるかもしれません。


心療内科へ受診し、うつ病と診断されたら、それは、病気なのです。


病気を無理して働くことはよくありません。


上司が原因の場合は、上司にうつ病ことを言いにくいと思いますので


その場合は、その上の役職の人や会社の産業医に相談することがオススメです。


しっかりと治療してから社会復帰をすることが望ましいです。



会社には、休職という制度もあります。


辞めるのではなく、休んでゆっくりと治療を行い


医師から出社が問題ないと診断されてから仕事復帰をすることが大切です。


自己判断で問題ないとし、仕事を始めるとまた、同じように会社に行けない


辞めたいと感じるようになる可能性が高いからです。


しっかりと治すことが大切です。



「うつ病は甘え」と言っている人もいますが…


そういっている人たちの周りの人は「甘え」かもしれません。


仕事、学校を休みたいから「うつ病のフリ」をする人も増加しているようです。


本当にうつ病なのかは周りの人も、本人ですらわかりません。


ですが、うつ病は「病気」なのです。


うつ病に対する偏見を捨てる為にも、少しでもいいから、うつ病の人たち・家族の言葉に耳を傾けていただきたいものです。


そうすれば、ご自分の考えがうつ病の人たちを追い詰めていることに気付くかと思います。


うつ病は、甘えとか、神経が細いとか、メンタルが弱いから発症するのではありません。



うつ病の人との接し方を本やインターネットで学んだだけでは、なかなかうまくいきません。


それは、あなたが混乱して悲しみや怒りに包まれているからです。


患者さんの困った言動は、その人のせいではなく症状だと理解したうえで、冷静な対応ができるようにしましょう


スポンサードリンク